アフターピルは、妊娠する行為があってから、緊急避妊のために使用するピル(女性ホルモン剤)です。基本的な避妊には低用量ピル(エストロゲンとプロゲストロン類似ホルモンの合剤)を用いるのが一般的ですが、やむを得ず避妊に失敗したときのみ使用する最終手段となります。

ホルモン剤現在、日本ではレボノルゲストレルというホルモン剤が発売されています。使用方法は、行為の72時間以内に0.75mgの錠剤を2錠服用します。作用機序は次の通りです。レボノルゲストレルは、黄体ホルモンであるノルゲストレルの異性体で、排卵前に服用すると排卵が5~7日間抑制され、その間に精子が受精能力を失うことによって避妊効果を示します。以前は、ヤッペ法という、合計200μgのエチニルエストラジオールと2.0mgのノルゲストレルを行為後72時間とその12時間後に服用する方法も取られていました。

こちらの作用機序は多岐にわたっており、1.子宮頸管粘膜を濃厚にさせ、精子の支給への侵入を阻止する、2.下垂体性腺刺激ホルモンの抑制、3.排卵の抑制、4.黄体期の短縮、5.卵子の卵管内輸送時間の変化、6.受精卵の着床を困難にする、などが知られています。副作用は、レボノルゲストレルでは93.3%、ヤッペ法では40.1%の患者さんが何もなかったと報告しています。そのほかに、頭痛、傾眠、下腹部痛、悪心・嘔吐などが報告されていますが、特に悪心・嘔吐については、レボノルゲストレルは、ヤッペ法に比べて、際立って少なくなっています。但し、両方の方法ともに、その避妊効果は100%ではなく、ヤッペ法では2.6%、レボノルゲストレルでは1.13%の妊娠率が報告されています。

アフターピルによる出血理由

アフターピルを説明する女医性行為の際の避妊に失敗した場合に緊急的に使用するものがアフターピルと呼ばれるものです。避妊効果は完全であるとは言えませんが、正しく服用することによって高い効果を期待することが出来ます。

正しく避妊することが出来たか否かは出血があるかどうかにより判断することが出来ます。アフターピルを服用することにより、早い人では服用後数日で出血がみられます。この際の出血理由は、女性ホルモンを調整し、子宮内膜を剥がすことにより妊娠を防ぐためです。この出血のことを消退出血といいますが、出血量は排卵日により左右されます。排卵日の直前に服用した場合には、出血量が少なく、逆に排卵日から日数が経過している場合には通常の月経と同量程度の出血が見られます。

また、通常の月経が終わったばかりであるという場合には出血が見られないという場合があります。服用から3週間を経過しても出血が見られないという場合には、妊娠検査を実施することをオススメします。アフターピルの服用後3日以内に出血が見られた場合には、病気の可能性もありますので、心配であれば専門医を受診するようにしましょう。避妊に失敗したとしても、続けてアフターピルを服用することはさけましょう。

アフターピルの平均価格

性交の際、十分な避妊対策を講じていても、何らかのアクシデントで避妊できない場合もあります。そういった場合は避妊をあきらめるしかないと考えてしまいがちですが、必ずしもそうではないのです。性交後であっても、避妊対策を講じることは可能です。性交後の避妊対策は、アフターピルの使用となります。

アフターピルには排卵を遅らせて受精を防ぐ働きと、急激に内膜を変化させて受精、着床を防ぐ働きがあります。ですから、性交後に使用しても避妊することができるのです。但し、絶対に避妊できるというわけではありませんから、避妊対策は事前に行うことが最善です。
アフターピルは緊急の場合に用いる手段だと考えるべきです。

アフターピルは2種類あります。1つはプラノバール、もう1つはノルレボです。一般的にピルは低用量となっていますが、プラノバールの場合は中用量となっています。服用は性交後72時間以内(最大で120時間以内)に2錠、その12時間後に再び2錠服用します。

ノルレボはプラノバールとは異なり、服用は性交後72時間以内(最大で120時間以内)に2錠の1回のみとなっています。また、プラノバールにはある、吐き気等の副作用が出にくいこともノルレボの特徴です。そして何より、プラノバールよりも効果が高い薬となっています。プラノバールの妊娠阻止率が57%であるのに対し、ノルレボの妊娠阻止率は85%です。但し、その分、価格は高くなっています。

プラノバールとノルレボ、どちらも医師の診察を受け、医師から処方してもらう薬です。
しかし、インターネットの通販で購入することも可能です。インターネット通販での平均価格は、プラノバールが21錠入りで3100円程度、ノルレボが2錠入りで2800円程度となっています。

アフターピルは、日本では医師の処方が必要ですが、個人輸入代行業者等のサービスを利用すれば、海外通販事業者から直接購入する事が出来ます。但し、服用に関しては全て自己責任となる為、事前の知識取得が必要です。