月経困難症解消にもトリキュラー

「月経困難症」とは、いわゆる生理痛のことです。月経時に下腹部痛、腰痛などの疼痛を訴え、仕事や学業などの社会生活が困難になることがあります。器質的な異常を伴わない機能性月経困難症と器質的疾患を伴う器質性月経困難症とに分類されます。そんな月経困難症にも効果を発揮するのが、低用量ピル「トリキュラーED」です。この薬の特徴と効果について、ご紹介します。

「トリキュラーED」は、女性ホルモンの不足やバランスの崩れによって引き起こされる、さまざまな症状を改善します。月経周期異常・無月経・PMS(月経前緊張症)・月経異常・機能性不妊症・機能性子宮出血・生理痛緩和などに、効果があるとされています。日本でもポピュラーなホルモン量の異なる錠剤を三段階に分けた「三相性タイプの低用量避妊ピル」です。ホルモンの配分量が、6日→5日→10日と3段階に多くなっていくことにより、自然のホルモン分泌に近い形でホルモンの補充が可能です。

副作用についてはこちら→トリキュラーの副作用などを見る

日本でもバイエル社から「トリキュラー錠28」「トリキュラー21」という名称で販売されています。28と21の違いは、飲み忘れを防ぐためのプラセボ錠があるかないかという違いです。また、トリキュラーはニキビ治療にも効果があるといわれます。

以下は「トリキュラーED28」の飲み方と用法です。1日1回1錠を、なるべく同じ時間帯に毎日服用します。ホルモン量の異なる錠剤を、三段階に分けた三相性タイプになっていますので、錠剤が色分けされています。最初に、赤褐色の錠剤を6日間飲み続け、次に白色の錠剤を5日間、次に黄褐色を10日間の順で21日間服用します。その後で大きめの白い錠剤(ホルモンが含まれていないプラセボ錠)を7日間服用します。以上の合計28日をワンクルーとして、1シートが終わりますので、29日目からは新しいシートに変えて、同じように服用するくりかえしです。

トリキュラーは、個人輸入代行業者などを通じて、海外の通販会社から処方無しで、入手する事が可能です。