黄体ホルモンと基礎体温

女性には元々子どもを産む為の機能があり、そこには二つのホルモンが関係していると言われています。それが黄体ホルモンと卵胞ホルモンです。この二つのホルモンは女性の生殖器である卵巣から分泌されています。また黄体ホルモンにおいては基礎体温が上がる機能があるので、基礎体温を知る事は様々な利点もあると言われています。

基礎体温とは安静な状態での体温です。基礎体温を知る事で自分の生理や排卵のリズムを知る事が可能となります。一般的に基礎体温が上がる状態の時は黄体ホルモンが関与しており、この時期は高温期とも呼ばれています。体温が上がっている時は体が妊娠を補助する状態となっており、妊娠をした時は高温期が一定の間継続します。しかし妊娠をしなかった場合は再び体温が下がり生理が繰り返されるようになります。

また、具体的には、毎朝同じ時間に基礎体温計を使用し、寝たままの状態で、舌下で体温を測ります。基礎体温計の特徴は小数点二桁まで表示され、より正確に体温を測ることが出来ます。一般的に28日周期の方の場合、前半14日間低温期が続き、排卵の日に少しだけそこから体温が下がります。その後体温が上がる高温期に入ります。生理の前日に体温が下がり始めて生理の日には低温期に入るという周期になっています。概ね排卵後、12日から16日後に生理が始まります。

基礎体温は妊娠の有無だけではなく普段の体の状態を把握する上でも大切です。黄体ホルモンは体内の水分を保持し食欲を増進させる働きもあります。ですからこのホルモンの分泌が多くなっている時期は、様々な体の不調も出やすいと言われています。一般的に多いとされている症状はむくみや肌のトラブル、精神的な不安定といった状態です。

基礎体温を知る事で自分の身体や精神状態を把握できる可能性が高くなると言われています。産婦人科に行くときなどには、基礎体温をつけたものを持参することが推奨されていますし、基礎体温をつけていない人で、生理不順、生理痛などの症状がある方は基礎体温をつけることをお勧めされます。自分の体を知る目的でも、基礎体温をつけることは大変有効な方法です。